りらっくすぅーる

ホッとする話題・ニュース・商品レビューなどをお届けします!

寒暖差のストレスから自分を守るには?

スポンサーリンク

こんにちは。
今朝は寒かったですね。数日前の春のような陽気から冬に逆戻りしたようです。
冬は、暖かい部屋から寒い屋外に出るときなど、寒暖差があると、辛いですよね。何度も繰り返していると、体調を崩してしまいそうです。

今年は、新型コロナウイルスの影響で、例年より、ストレスの多い生活を送っているので、疲れが出やすいかもしれません。
寒暖差によるストレスから自分を守る方法を調べましたのでご紹介します。

 

f:id:rirakkusuru:20210118182303j:plain

寒暖差疲労とは?

気温の寒暖差が大きいことにより、自律神経の機能が乱れ、体が疲れることを「寒暖差疲労」といいます。

自律神経は外気温が高いときは、体温を下げるために汗をかいて熱を発散しています。逆に、気温が高いときは毛穴を閉じて体温を逃がさないようにします。

寒暖の差が大きくなると、体温を一定に保つため、自律神経の働きが活発になります。その結果、過剰にエネルギーを消費することになり、体に疲労が蓄積してしまうようです。

 

急激な寒暖差がもたらす健康リスク

 体の不調

頭痛やめまい、肩こりなどの症状。体内のエネルギーの大量消費により、冷え性を引き起こし、だるさが続いたり、食欲がなくなったりすることもあります。

精神的な不調

自律神経の乱れにより、イライラや不安、落ち込みなどの精神的なダメージを受けやすくなります。

 

寒暖差から自分を守る対策

温度差をなくす

室温がコロコロ変わると寒暖差疲労を起こす原因となりますので、暖房はなるべく一定の快適な温度に保ちましょう。

寒暖差疲労をおこしやすくなる気温差は、5℃以上のようです。天気予報などを参考に、なるべく気温差を感じることがないように、服装に気を付けましょう。手首、足首、首の3つの首を温めることで温まった血液を全身に効率よく循環させることができ、身体を温める効果が得られると言われています。外出時にマフラーやレッグウォーマーなどで、しっかりと保温するようにしましょう。

 

毎日湯船に入る

入浴すると、全身の血行がよくなり、体の疲労を取り除く効果が期待できます。
ややぬるめのお湯に、ゆっくりつかるのがおすすめです。

どうしてもシャワーですませたいときは、首から肩甲骨部に少し熱め(42°C程度)のシャワーを30~60秒あてると良いようです。

適度な運動をする

毎日の生活の中で、ちょっとした心がけで運動してみましょう。
ストレッチや散歩などの軽い運動は、血液の循環を良くするため、寒暖差疲労を改善できる可能性があります。

エレベーター・エスカレーターを使わず階段を使う、通勤や通学で歩く習慣をつけるなど、生活の中に軽い運動を取り入れましょう。

規則正しい生活リズム

 ・バランスのとれた食事を心がける

3食バランスのとれた食事を心がけ、できれば温かいものを摂取するとよいようです。
冷たい飲み物やアイスなどは内臓から冷え、寒暖差疲労を悪化させる誘因になりますので、冷え性の方は避けたほうがいいかもしれません。

 

・良質な睡眠をとる

睡眠は7時間程度とし、夜23時から朝6時の間、寝るのが理想的のようです。

 

まとめ

気温の変化は体にとってストレスになります。普段の生活から意識して寒暖差疲労をため込まないようにしたいですね。
コロナ禍の自粛生活の中ですが、自分に出来る対策をして、楽しく冬を過ごしたいと思います。

 

以下の記事で寒さ対策をご紹介していますので、よろしければ一緒にご覧ください。

www.rirakusuru.com

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

春はもうすぐです。楽しく冬を過ごせますように!

 

f:id:rirakkusuru:20201221234050j:plain