りらっくすぅーる

ホッとする話題・ニュース・商品レビューなどをお届けします!

北京オリンピック!トップアスリートの言葉から分かった夢実現の秘訣

スポンサーリンク

記事のタイトル画像

こんにちは。

私は冬のスポーツといえば、スキーしかしませんが、それも今年はコロナで自粛していて残念。

ですが、北京オリンピックを観戦して、冬のスポーツを満喫しています。

アスリートの活躍に感動の毎日です。

メダリストはもちろん、悔し涙を流した選手の姿や言葉も美しい!

 

アスリートの言葉から、「自分が心から信じたことが実現する」ということを感じました。

私にはアスリートのような生き方は真似出来ませが、夢実現の秘訣はスポーツに限らず、日常にも活かせそうなのでまとめてみました。

素人主婦の感想ですので、気軽に読んでいただけると嬉しいです。

 

カーリング女子「私たちも勝つチャンスはあるんだって心から信じられた」

カーリング女子準決勝では、日本チーム ロコ・ソラーレが前日の1次リーグ最終戦で完敗したスイスに勝ちました。

1次リーグは5勝4敗でギリギリの通過。

そんな中で、日本代表のナショナルコーチを務めるジェームス・ダグラス・リンドさんのアドバイスで、選手たちは「私たちも勝つチャンスはあるんだって心から信じられた」そうです。

「たくさんの失敗を1次リーグで経験しているので、逆にプレーオフでは大きな失敗をすることが少なくなる。」

「失敗したことの経験を活かせば、自分たちの方が有利。」

しっかりと相手チームを分析し、心から「私たちにも勝つチャンスはある」と信じた結果、決勝進出を決めました。

「銀メダル」以上が確定したロコ・ソラーレ。決勝も、応援します!

(2022年2月21日追記)

ロコ・ソラーレは銀メダルを獲得しました。決勝で、イギリスに敗れはしましたが、チームワークとスポーツマンシップが素晴らしかったです。感動をありがとうございます。

スピードスケート高木美帆選手「同じ人間ができていることなんだから、何で自分にも出来るって思えないの?」

スピードスケート女子で5種目に挑んだ高木美帆選手。夏季をふくめ日本女子の最多メダル数を更新しました。

どのレースも素晴らしかったですが、最後の種目、女子1000メートルで悲願の金メダル!

インタビューで「金メダル以上に渾身のレースができたことが一番嬉しかった」と答えていた高木選手に胸が熱くなりました。

 

高木選手は以前ヨハン・デビット コーチにかけられた言葉が成長の原動力になったそうです。

外国勢の活躍を見ていた高木選手に「同じ人間ができていることなんだから、何で自分にも出来るって思えないの?」と声をかけられたそうです。

後々「自分にも出来るんだって強く思えることが大事だな」と高木選手の大事な言葉になっていったそうです。

高木選手の姿に、私も勇気をもらいました。

同じ努力をしても「私にもできる」と思っているのと「私には無理かも」と思っているのとでは結果が違いそうですね。「私にもできる」という自信が夢実現の秘訣だと感じました。

 

1000メートル決勝では10位に終わった小平奈緒選手とのレース後のハグが感動的でした。

高木選手にとってライバルであり先輩の小平選手。けがを言い訳にせず、苦境でも「奮い立ち立ち上がれるのが人間。誰でもその力は持っている」との言葉のとおり、力を出し切った姿が美しかったです。

 

トップアスリートの言葉から分かった夢実現の秘訣

北京オリンピックをテレビで観ていて、トップアスリートの力を出し尽くす姿に胸を熱くする毎日です。

限界まで挑戦することの素晴らしさ。美しいスポーツマンシップ!

勝負は時の運もあります。悔し涙を流した選手にも感謝を伝えたいです。

 

今回はトップアスリートの言葉から「自分は出来る」と信じることの大切さを改めて感じましたのでご紹介しました。

夢実現の秘訣の一つは、心から自分を信じること!

 

北京オリンピックでは、美しくない現実も見せつけられています。メダルを取ることは本当に素晴らしいことですが、アスリートの皆さんが楽しめるオリンピックであってほしいと願っています。

 

最後まで、お読みいただきありがとうございます。この記事が少しでもお役に立てれば嬉しいです(^^♪

それでは、今日も素敵な時間をお過ごしください♪

今週のお題「冬のスポーツ」