りらっくすぅーる

毎日を、楽しく、リラックスして過ごすためのコツや、日常の中の、ほっとする話題、気になるニュースや商品について綴っています。

乾燥肌の原因と対策法は? 内側からもケアして潤い肌へ! 

スポンサーリンク

こんにちは。
最近は天気が良い日は、日差しが暖かく、気持ちいいです。
ですが、まだ、空気が乾燥しているので、お肌も乾燥しがちではないでしょうか。

乾燥肌には保湿が大切ですよね。化粧品や美容液で外側から潤いを与えることは大事ですが、今日は、内側からも乾燥肌をケアする方法を調べてみました。

肌に内側からも、水分をあたえることと、肌内部に水分をキープできるように、お肌を整えておくことが大切だと分かりました。
是非、参考にしてみて下さい!

 

f:id:rirakkusuru:20210131070451j:plain

 

肌のバリア機能について

人間の体は体重の約65%を水分が占めていて、このうち約15%は肌に蓄えられています。肌は一番外側から表皮、真皮、皮下組織の3層構造になっていて、特に重要な役割を担っているのが表皮のもっとも外側にある角質層です。角質層がバリアとなることで肌内部からの水分蒸発を防ぐとともに、細菌や花粉といった外部刺激から肌を守る役割をはたしています。こうした働きを肌の「バリア機能」というそうです。このバリア機能が整っていることで、肌はみずみずしく潤い、ハリや弾力のある状態が保たれます。

乾燥肌とは?

肌を健康な状態に保つには、バリア機能がしっかり働き、肌内部に十分な量の水分が蓄えられていることが大切です。
何らかの原因でバリア機能が低下してしまうと、肌内部に水分を保持することが出来なくなり、肌が乾燥してしまいます。こうした状態を乾燥肌といいます。

乾燥肌対策は「いかにバリア機能を低下させないか」が重要になります。

乾燥肌の症状

  • カサカサする
  • 突っ張る感じがある
  • 目元や口元がしわっぽくなる
  • 進行すると白く粉を吹いた状態になり、ヒリヒリとした感覚や、かゆみ、赤みを生じることもある。
  • かゆみがある

乾燥肌の原因

乾燥肌の原因は肌のバリア機能の低下だと分かりました。
肌のバリア機能の低下はどのようなことが要因となって起こるのか調べてみました。

間違ったスキンケア

クレンジングや洗顔のたびに、肌をゴシゴシこすったり、熱いお湯で洗ったりしていませんか?そうした物理的な刺激が肌のバリア機能を低下させ、肌を乾燥させてしまいます。

体内水分量の低下

肌は約4~6週間の周期で古い細胞から新しい細胞へ生まれ変わります。この代謝の仕組みを「ターンオーバー」といいます。
このターンオーバーが正しく行われることで、バリア機能が維持されます。

でも、たくさん汗をかくと体内の水分が大量に失われ、血液の粘度が高まり血管を流れにくくなるため、血行不良がおこりやすくなります。
そのため、新陳代謝が悪くなり、ターンオーバーが滞り、バリア機能が崩れやすくなってしまいます。その結果、肌の水分は蒸発し、乾燥肌が引き起こされます。

紫外線によるダメージ

紫外線はシミやシワ、たるみなどさまざまな肌老化の原因になります。特にUVB(中波長赤外線)は肌の表面にダメージを与えて日焼けを起こし角層から水分をうばい、肌のバリア機能を低下させます。

睡眠不足やストレス

ターンオーバーは睡眠中に促されるため、乾燥肌をケアするのには、質の良い睡眠をとることが大切です。就寝からの3時間で深く眠ることができれば肌を回復させる成長ホルモンがたくさん分泌されることが分かっています。
また、睡眠不足やストレスで自律神経が乱れることで、正常なターンオーバーが行われにくくなり、乾燥肌の原因となるようです。

栄養不足

毎日の食事からとる栄養は、肌細胞の材料となり、ターンオーバーを活性化させる血液の循環や代謝機能に活用されています。肌の主成分となるタンパク質、肌を健やかに保つビタミンA、肌の新陳代謝を促すビタミンB2やB6、肌のバリア機能を正常に保つ必須アミノ酸などの栄養素が不足すると、潤いのある肌を保つことができないようです。ダイエットや偏食などの食生活の乱れが、乾燥肌の原因になるようです。

加齢

人間の肌は20歳をピークに、バリア機能に必要な成分の分泌が減少し始めるといわれています。さらに、肌のターンオーバーも加齢とともに乱れがちになり、肌が乾燥しやすくなってしまうようです。

乾燥肌の対策

丁寧なスキンケアで外側から潤す

毎日のスキンケアは保湿力の高いアイテムで丁寧に行うことが大切です。洗顔は肌を手でこすらないように、優しく洗い、洗顔後は、優しく水分をふき取って下さい。
化粧水や美容液で肌を保湿して、仕上げに乳液やクリームなどで潤いをしっかりキープするのがポイントです。

 

以下の記事で乾燥肌、敏感肌の方におすすめの化粧水をご紹介しましたので、よかったら一緒にご覧下さい。

www.rirakusuru.com

水分補給で内側から潤す

乾燥肌を予防するには、こまめな水分摂取も大切のようです。のどの渇きを自覚するときは、体はすでに水分不足に陥っているため、肌の潤いも失われつつあります。
少量ずつこまめな水分補給を心がけるとよいようです。コーヒーや紅茶などカフェインを含んだ飲み物は利尿作用があり、かえって体内からの水分排出をうながしてしまうので、水や、白湯、麦茶などがおススメです。

生活習慣の見直し

睡眠不足・ストレスの解消

肌の内と外からたっぷり水分を与えても、肌そのものの状態が悪ければ潤いをキープすることは出来ません。肌の健康を保つためには、ターンオーバーの周期が乱れないように睡眠不足とストレスを解消することが大切です。
質のよい睡眠で成長ホルモンの分泌を促し、肌のターンオーバーのサイクルを整えましょう!睡眠の質を上げるためには眠り始めてから最初の3時間のあいだにぐっすり眠ることが大切です。寝る1時間くらい前からは脳を覚醒させるような、テレビやスマホを見るのを避けたほうがいいようですよ!

バランスの良い食生活

食事面では、日頃からバランスのよい栄養を過不足なく摂ることが大切です。
肌の主成分となるタンパク質、肌を健やかに保つビタミンA、ビタミンC、,肌の新陳代謝を促すビタミンB2やB6を積極的にとりましょう。
タンパク質は肉、魚、大豆など、ビタミン類はニンジンや小松菜などの緑黄色野菜、ビタミンCはキウイやイチゴなどのフルーツ類に豊富に含まれています。

冬でも紫外線対策をする!

真夏に比べると量は少なくなりますが、冬でも紫外線は絶え間なく降り注いでいます。乾燥する秋冬は空気中に遮るものが少なくなるため、地表に紫外線が届きやすくなるようです。紫外線を浴びると肌のバリア機能が低下してしまうので、油断せずUVケアをしましょう!

まとめ

乾燥肌を改善するには、肌の表面だけなく、内部にも十分な水分を与えることが大切だと分かりました。さらに、肌が健やかな状態でなければ、水分をキープすることができません。
スキンケアは肌の外側からだけではなく内側も一緒に整えることが大切なんですね。
まずは、バランスの良い食事、質の良い睡眠を心がけ、ストレスの少ない生活を送りたいですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

潤ったお肌で、毎日元気に過ごせますように!

f:id:rirakkusuru:20201219063727j:plain