りらっくすぅーる

毎日を、楽しく、リラックスして過ごすためのコツや、日常の中の、ほっとする話題、気になるニュースや商品について綴っています。

子どもにその場しのぎの嘘をつくことについてどう思いますか?

スポンサーリンク

こんにちは。

みなさんは、子どもにその場しのぎの嘘をつくことはありませんか?

私は、子どもがおもちゃをいつまでも片付けないと、「大切にしないと、夜になったら、おもちゃが出ていくよ」と言ったり、買い物をしていて、何か欲しがっても、必要なさそうなものだったら、つい「今度ね」」とごまかしたりしています。

でも、最近反省する出来事がありました。

娘はそんな私でも「大好き」と言ってくれます。

今日は、子どもにその場しのぎの嘘でごまかすのはやめようと痛感した出来事をご紹介します。

 

 

f:id:rirakkusuru:20210405183909j:plain

 

子どもにその場しのぎの嘘をついてしまったけど

体育教室に行きたくなかったので・・・

娘は月に2回、体育教室に通っています。先日の日曜日も教室の日で娘は前日から「明日は体育教室だよね」と楽しみにしていました。

ですが、その日は朝から大雨。体育館であるので、雨でも関係ないのですが、私は行きたくありませんでした。体育館は車で20分くらいの距離です。気分が乗らない私はつい「今日は体育教室は中止になったよ。」と嘘をついてしまいました。

 

後ろめたさは感じましたが、月謝制の習い事ではなく、行くときにお金をお支払いするシステムの教室なので、休んでもいいかな、と思いました。

 

娘はがっかりしていましたが、まだ6歳の子どもですので、あっさり信じてくれました。しばらく、黙ってテレビを見ていました。

ですが、ちょっとおかしいと思ったのでしょうか。

「ねえ、体育教室が休みかどうかパソコンで調べてよ」と言ってきました。

娘は何でもネットで調べると答えがあると思っているようです。

私は仕方なく適当なページを検索して、「ほら、今日は雨だから休みと書いてあるよ」と言ってしまいました。

「どこどこ」と画面をのぞき込んできます。小学校入学前ですが、だいたい字が読める娘をごまかすのはさすがに難しいし、後ろめたさも感じたので、とうとう私は

「ごめん。今日は休みじゃないけど、雨だから行きたくなかったの。」と白状しました。

 

娘はちょっと怒って「今から行く」と言います。

まだ、外は雨ですが、私は根負けして、もう開始時間になっていましたが慌てていく準備をして、体育教室に行きました。

 

仕方なく体育教室に行ってみたけど・・・

教室に遅れて着くと、お友達は準備体操が終わり、好きな道具で自由に運動していました。いつもは、お友達と一緒に遊ぶ娘ですが、その日は遅れて行って、調子がでなかったのか、いつまでも私にべったりくっついて、「ねえ、お母さんも来て」と言うので、ずっと娘に付き添う羽目になりました。

 

雨でしたが、いつも参加するメンバーはほとんど来ていました。

他のお母さんたちに、雨だから来たくなかったと話すと、

「雨だからなおさら来ないと、公園にも行けないしね」「体育館だから雨でも関係ないよね」と前向きな言葉が返ってきました。

 

いつもは私も子ども達の様子を見ながら、自分の友人でもあるお母さん達と、情報交換をしたり、楽しく会話をして体育教室の時間を過ごすのですが、その日は娘が私から離れないので、私もいつものように友人と会話を楽しむことが出来ませんでした。

 

その場しのぎの嘘は通用しないし、いくら相手が子どもだからと言って、嘘をついたのは悪かったと反省しました。

 

 どんなその場しのぎの嘘をついているのか?

子育てをしていると、ついついその場しのぎの嘘やごまかしをしてしまうことがあるかもしれません。

私は次のようなことを時々言ってしまいます。

  • 何かをねだられたときに、買う気はなくても、あとでね、今度の誕生日にね
  • 言うことを聞かないときに、おばけがくるよ
  • おもちゃを片付けないとき、捨ててしまうよ
  • ご飯を食べないなら、もうお菓子は買ってこないよ

その場しのぎで、脅したり、期待を持たせたりしていました。もちろん、幼児に理由を言っても理解できない時もあるので、全部が悪いわけではないと思います。

子どもを危険から守るために必要な嘘もあるでしょう。

 

子どもの年齢や理解度によって、簡単な嘘で言うことを聞かせるのか、ちゃんと説明して理解してもらうのかを考える必要がありそうです。

まとめ

親が子どもに嘘をつくことについて考えてみました。子どものためを思って、嘘が必要な時もあると思いますが、私は今後は、言葉で説明しようと思いました。その時はしのげても、信頼関係がなくなるのは悲しいです。子どもに嘘をつくときには覚悟が必要だと思います。

こんな母親ですが、娘は「お母さん大好き」といつも言ってくれます。わが子であっても誠実に対応したいと思った出来事でした。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

誠実に生きていきたい!

f:id:rirakkusuru:20210401115547j:plain