りらっくすぅーる

ホッとする話題・ニュース・商品レビューなどをお届けします!

七草がゆ(粥) 効能と込められた思い

スポンサーリンク

f:id:rirakkusuru:20210107114501j:plain

こんにちは。
今日は1月7日、七草がゆの日ですね。
日本には、季節ごとに多彩な行事がありますが、皆さんはどのくらい生活に取り入れていますか?
我が家は、季節の行事を大切にしています。今日の夕食は七草がゆの予定です。
七草の意味と効能について調べてみました。

 

 

七草がゆのルーツ

旧年の厄を払うために、そして新しい一年の健康を祈願して、ななくさをつかった七草がゆを食べます。
1月7日に七草がゆを食べるようになったルーツは平安時代にまでさかのぼり、中国の影響があります。中国の年中行事を記した書物によると、1月7日は人を占う日として、「人日(じんじつ)」といい、7種類の野菜を入れたとろみのある汁物を食べて、無病息災や立身出世を祈ったそうです。

この風習は奈良時代に日本に伝わったといわれています。
日本では「若菜つみ」という宮中行事が行われていました。
光孝天皇(830~887)は「君がため 春の野に出でて 若菜つむ 我が衣手に 雪はふりつつ」と、その風習を歌に詠んでいます。
現代語では「あなたのために、春の野原に出て若菜を摘んでいると、春だというのに着物の袖に雪が降ってきた」といったところでしょうか。

中国と日本の文化が合わさって1月7日に七草の入った粥を食べる習慣がうまれたようです。
平安時代から続くこの風習が定着したのは江戸時代で、江戸幕府では七草がゆを食べることが公式行事とされました。
やがて庶民の間にも広がり、定着していったと考えられています。

七草とは

七草とは「セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ」です。
ゴギョウはハハクグサ、スズナはかぶ、スズシロは大根のことです。

主な七草の効能

セリ:鉄分が多く含まれていて、体内の血液量を増やす効果
ナズナ:熱を下げ、尿の出をよくするなどの作用
ハコベラ:タンパク質の含有量が多く、ミネラルが豊富
スズナ・スズシロ:ジアスターゼという成分が消化を促進する

どれも、緑の草ですので、ビタミンがたっぷり含まれています。

七草は日本のハーブのようなものです。お正月疲れが出始めたころ、七草を胃腸に負担がかからない、お粥で食べます。
胃腸の回復にも良いし、少し濃い味のお節料理が続いたあとですので、新鮮で、おいしく感じるでしょう。

七草がゆに込められた思いを受け継ぐ

七草の種類は時代や土地によって違いはありますが、どの時代でも、年頭にあたり、豊作を祈願し、家族の健康と幸せを願いながらお粥をいただく気持ちは変わりません。


今夜は、私も、七草がゆを食べて、家族の健康と幸せを願おうと思います。
中国では、お粥を朝食に食べるので、七草がゆも、正式には朝食に食べるものなのかもしれません。正式ではなくても、それぞれの生活に合わせて取り入れていけるといいですね。

七草がゆを食べる風習は、やや、すたれてきてはいる感じがしますが、スーパーなどで、七草セットが売ってありますので、簡単に七草がゆを作ることができます。

おかゆを食べなくても、日本に伝わる伝統に込められた深い意味を知り、健康的な1年を過ごしたいですね。

最後まで、お読みいただきありがとうございます。


今日から続く毎日が、健康で幸せな日々でありますように!

 

f:id:rirakkusuru:20201230001025j:plain