りらっくすぅーる

毎日を、楽しく、リラックスして過ごすためのコツや、日常の中の、ほっとする話題、気になるニュースや商品について綴っています。

コロナ禍の中学校卒業式!みんなの思いとIT技術で感動の式典に

スポンサーリンク

こんにちは。

3月は卒業シーズンですね。今日は近くの中学校の卒業式でした。
卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。

今年の卒業生はコロナの影響で、中体連や合唱コンクールが中止になり、体育祭は縮小、夏休みは短縮されるなど、悔しい思いもたくさんしてきたでしょう。

 

今日、私は仕事で中学校卒業式のYouTubeライブ配信をお手伝いをしました。

仕事中でしたが、卒業生の言葉に、思わずもらい泣きしてしましました。友達を思う気持ちと感謝の気持ちにあふれた言葉でした。会場の体育館には体育祭の時にみんなで書いた絵や在校生の言葉が所狭しと飾ってあり、温かい思いが伝わってきました。

コロナ禍で制約がある中、先生方や在校生の、卒業生を盛大に温かく送り出したいという思いと、現在のIT技術を利用して素晴らしい式典になったと思います。

 

今日は、コロナ禍での中学校卒業式での工夫やメリットなどをご紹介します。

コロナの感染拡大は早く終息してほしいですが、これだけ学校でITが活用されているのを見ると、悪いことだけではないですね。

今後、学校に限らず、さまざまな場面で、IT技術の利用はどんどん進んでいくでしょう。

是非、参考にしてみて下さい。

 

 

f:id:rirakkusuru:20210312181229j:plain

コロナ禍の中学校卒業式の感染対策と工夫

  • 今では当たり前ですが全員マスク着用でした。
    ただ、生徒さんは自分の卒業証書授与のときと、入退場の時はマスクを外していました。
  • 各家庭出席者は1名と制限してあり、来賓の方は来ていませんでした。
    出席できない保護者と在校生のためにYouTubeライブ配信をしました。
    YouTubeは限定公開で、後からでも見ることができます。
  • 保護者席にもモニターを設置して、卒業証書授与のときに、生徒さんの正面の映像が見えるようにしました。
  • 在校生は送辞を読む生徒さんは出席されていましたが、他の生徒さんは教室でYouTube配信を見ていて、終了後、卒業生を出迎えていました。在校生の歌は事前に録音してあり、会場で流されていました。
    出席できない在校生の温かい思いが私にまで伝わってきました。

 

メリット

  • YouTubeで見られるので、仕事などで出席できない保護者の方も、あとから映像を見ることができます。
  • 来賓の方がいないので、来賓あいさつがなく、時間が短縮できます。
    市長の祝電だけ代読されましたが、そのほかの方の祝電は、会場に貼ってありました。

改善したほうが良かった点

  • 今回はZoomの有料プランをYouTubeと同期させて、映像を配信しました。
    リアルタイムで映像を流した方がよいということで、少し画質を落としました。
    許容範囲と思いますが大きなモニターで見ると画質が悪いのが分かります。
  • 卒業生が退場するとき、周囲の方の拍手の音が除去されて、雑音のようになってしまいました。
    マイクに雑音と判断されてしまったのかもしれません。今後の検討課題です。

卒業式 Twitterでは

卒業はご両親にとっても大きな喜びですね。Twitterをご紹介します。

 

 

 

 

まとめ

今年の卒業生はコロナの影響で学校生活に制約があり、出来なかったこともあったと思います。ですが、今日の卒業式は、先生方や在校生の温かい気持ちが伝わってきて、IT技術を利用して素晴らしい式典となりました。

ご両親にとっても大きな喜びの日となったでしょうね。卒業生の言葉から、、周りの方に対する感謝の気持ちが伝わってきて、自分の中学時代と比較して、なんてしっかりしていて素晴らしいのだろうと感じました。

コロナ禍での卒業式でしたが、悪いことだけではなかったです。卒業式の思い出は宝ですよね。

卒業生の皆さん、どうか、これから、大きく羽ばたいて下さい!
苦しいときや辛いときはどうか、今日の日を思い出して下さいね。

あなたのことを思っているたくさんの人が周りにいることを忘れないで下さい。

そして私たち大人も子どもたちの未来を守りましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

以下の記事にコロナ禍での保育園発表会の工夫をご紹介していますので、よろしければ一緒にお読みください。

www.rirakusuru.com