りらっくすぅーる

ホッとする話題・ニュース・商品レビューなどをお届けします!

小学1年生との会話が面白い!びっくりしたり感心したりの毎日

スポンサーリンク

記事のタイトル画像

こんにちは。ももです。

小学1年生の娘は、なかなか1人では登校したがらず、付き添い登校をしていましたが、最近は、途中から友達と登校できるようになりました。

小学校に入学して8か月。

先日授業参観に行ってきました。元気な子どもたちの様子が見られて楽しかったです。

そして、小学1年生との会話はとっても面白い!

感心したり、びっくりしたり・・・。

子どもなのに、大人のようなことを言ってくることもあります。

今回は、小学1年生との会話で、私がびっくりしエピソードを2つご紹介します。

気楽に、読んでいただけると嬉しいです。

 

小学1年生が「ませている」のにびっくり!

娘たちは学校から「絵の具セット」を用意するように言われています。

学校から持ってきたチラシを見ると、可愛いのがたくさんあります。

40代の私が小学生の頃、こんな可愛い絵の具セットはありませんでした。

親の私も、娘と選ぶのが楽しい!

娘はペンギンの絵柄のが気に入ったようです。

 

朝の登校時に娘の友達のレイちゃんに「レイちゃんは絵の具セットどれにしたの?」と聞いてみました。

すると、「私はシンプルなやつ。だって6年生まで使うからね」という返事。

一緒にいたエリちゃんも「私も、シンプルなのにしたよ!」と教えてくれました。

6年生まで使うことを考えて、可愛いよりシンプルを選ぶエリちゃんとレイちゃん。

私より、大人だな~とびっくりしました。

きっと親御さんの影響もあるのでしょうね。

2人で顔を見合わせながら、「6年生まで使うからシンプルがいいよね~」と話す様子が、とてもませていて、可愛かった♪

大人から見ると6年生でも子どもですが、小学1年生からみると6年生は大人に近いのかもしれませんね。

 

小学1年生の「将来の夢」に感心した!

ある日、友達のレイちゃんが娘に「さくらちゃんは大きくなったら何になりたいの?」と聞いてきました。

娘が考えていると、すかさず「私は○○病院の看護師になるんだ。」と教えてくれたレイちゃん。

○○病院というのは、校区にある総合病院です。

「素晴らしい夢だね!頑張ってね」と私が言うと、「私のお母さんも○○病院で看護師をしているの。食堂も売店もあるんだよ」とキラキラした瞳で答えてくれました。

お母さんと同じ仕事に憧れるなんて、素敵な親子ですね!

一緒にいたエリちゃんも、「私も○○病院の看護師になるよ!レイちゃんと一緒に働くの」と教えてくれました。

楽しそうに将来の夢を話す小学1年生の子ども達!

成長すると将来の夢は変わるかもしれませんが、たくさんの夢を叶えてほしいですね。

ちなみに、うちの娘は将来の夢は「お姫様かケーキ屋さん」だそうです。

それも、可愛いですね♪

 

まとめ

小学1年生との会話をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

ついこの前まで保育園に通っていたのに、子どもの成長する力は素晴らしいと日々感動しています。

キラキラした瞳で話しかけられると、心が洗われるような感じがします。

子どもらしい感性に感動したり、大人のようなことを言ったり、考えたりしているのに驚くことも多いです。

これからも、宝物のような会話を楽しみたいと思います。

 

※下記の記事で小学1年生の登校の様子を書きました。よろしければ合わせてお読みください(^^♪

元気がない子ども達が笑顔で登校!荷物も気持ちも軽くなる不思議な魔法とは? - りらっくすぅーる

 

最後まで、お読みいただきありがとうございます。この記事が少しでもお役に立てれば嬉しいです♪

それでは、今日も素敵な時間をお過ごしください!