りらっくすぅーる

毎日を、楽しく、リラックスして過ごすためのコツや、日常の中の、ほっとする話題、気になるニュースや商品について綴っています。

子どもが汚れた靴を捨てたがらない理由は?

スポンサーリンク

 

f:id:rirakkusuru:20210424235652j:plain


こんにちは。

今日は爽やかな初夏の1日でした。

今年、小学校に入学した娘の靴を洗いました。もう洗っても汚れが落ちないような靴があったので、「この靴はもう、捨てるね」と娘に言ったら、「嫌、まだ履ける」と言われてしまいました。

「また、新しい靴を買ってあげる」と言ってみましたが、娘は捨てるのは嫌なようでした。

娘に理由を聞いて、子どもの思いに涙が出そうになりました。

今日は、娘が汚れた靴を捨てたがらない理由をご紹介します。

 

 

子どもが汚れた靴を捨てたがらない理由は?

汚れた靴を捨てたがらない理由を聞いてみました。「あのね、この靴は保育園で、あかりちゃんと遊んだときに履いていたの。だから捨てたくない」と言ったのです。

あかりちゃんは娘と同じ保育園で仲良しの友達でしたが、お父さんの転勤で、県外の小学校に入学しました。

娘はほかにも同じ小学校に通う、保育園からの友達もいるし、小学校でも新しい友達もできたようですが、あかりちゃんとの思い出を大事にしていたのですね。

元気そうにしていても、仲良しの友達と離れた寂しさもあるのでしょう。

子どもにも、思い出を大事にするという感情があることを知り、胸が熱くなりました。

汚れた靴をどうしたか

娘の思いを聞いて、汚れてはいますが、まだ履けないことはないので、取っておくことにしました。

今は、小学校に入学して、新しい環境の中、子どもなりのストレスがあると思います。

思い出を大切にしながら、新しい経験をして前進してほしいと願っています。

ですが、しばらくすると、靴が小さくなってしまうでしょう。

そのころには、思い出はとっておいても、靴を捨てられるといいなと思います。

 

使わないものでも、思い出の品は捨てにくいですよね。

片付けコンサルタントの近藤麻理恵さんが、ときめくかどうかを、モノを処分する基準にすることを勧められていますので、使わなくても、ときめくものは取っておいていいのかもしれません。

思い出の品を処分したいけど

思い出の品は、捨てがたいですが、どんどん増えていっても困りますよね。家が広くて物を置くスペースがあればいいですが、限られたスペースの中で、心地よく暮らすことを考えると、思い出の品を処分することも必要だと思います。

みなさんはどうしていますか?

Twitterを見てみましょう!

 

 

 

 

 

 

思い出の品は、使わないし、普段は忘れていても、いざ捨てるとなると躊躇する方が多いようですね。

近藤麻理恵さんは物が捨てられない原因は、過去への執着と未来への不安の2点だと言われています。

無理して処分する必要はないと思いますが、今を充実させることが出来れば、自然と手放せるときが来るのかもしれませんね。

まとめ

娘が汚れた靴を捨てたがらない理由を知り、子どもでも、思い出の品を手放したくない、大好きな友達との思い出を大切にする、いう思いがあることを知り、胸が熱くなりました。

思い出が詰まったものは、自分が幸せな気持ちになれるのなら、取っておいていいと思います。ですが、家にモノがあふれてきては大変ですので、自然と手放せるようになるといいですね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

思い出を大切に、今を大切に!